2004年10月21日

上大岡の件で、進展です。

とにかく課題は雨だ

雨の時はしょうがなく屋内でやることになるわけですが、その時の課題は一般のお客さまの比率が極端に下がるのではないかということ。すなわち、晴天時に行なうアンケートシステムを流用できないことに問題がありました。

なので雨天時はがらりと趣向を変えます。既に大会公式ページは更新されていますが、筐体点100点と人間点100点、合わせて200点を満点として採点しようと思います。仕組みは公式ページの方を参照して下さい。

さて、今回の雨の場合の採点方法を考えたのは80%俺なんですが。DDRパフォというからには「DDR」の部分もないがしろにしてはいかんだろうという個人的思想が強いからです。「パフォ」の部分も重要であるのは言わずもがな。
筐体点で高得点を稼ぐコツは、当たり前なことですが難易度が高い曲を扱うこと。

と、なると。

筐体点=スコアラー有利
人間点=パフォーマー有利
これなら今まで「スコアラー(クリアラー)」と「パフォーマー」と色分けされているDDRerが同じルールの上で戦えるようになるんじゃないかと思います。脳内シミュレーションによると、120点を超えるのは相当難しいですよ。100点すら難しいかも知れない。そして、恐らくスコアラーが有利っぽい。あくまでも想像の中では。



一番いいのはこの構想が実際に使われないで済むことだよ。

posted by 火雪 at 15:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | DDRパフォ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。