2006年06月19日

808.給料日へ。

正直、興味ない

給料じゃなくてノウハウが欲しい。
月曜は何にせよ忙しい。
少しずつ基礎的な仕事での苦労は減った。
一本立ち目指して。
posted by 火雪 at 06:01| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

807.重責解放。

一週間終わった

朝の全店放送がしばらくは回ってこない。
その間はまた自由に勉強できる。
出社してからの僅か40分で原稿をまとめるのはとにかくしんどい。
却って現場には、不慣れだとどれだけルーチンワークの片手間では済まないかが伝わったのではないか。
加えて、まだ2年生の坊主でもある。


現場からの声も少しずつ聞こえてきながら。



今の仕事には弱音を吐いても不満は言わない。
posted by 火雪 at 19:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

806.銀座・夜。

銀座のクラブ

証券業界のリサーチセクターの若手が一同に会しての交流会。
会場には年上しかいなかった。
自分トコで当たり前だと思っていたことが、他社ではまるで状況が異なることもあるよう。
よくそんなところにたった一人で出ていったと思う。
posted by 火雪 at 06:05| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

805.携帯アドレスを変えた。

手間と見返りと

なぜか迷惑メールが入ってくるようになったから。
東京に戻ってしばらくなこのタイミングでの変更は良い結果。
正直、自分にとって疎遠になった人も携帯の電話帳には登録されている。
そういう人との関係を繋ぐきっかけになってくれた。
中には知らない所でアドレスを変えてしまっていた方もいたけれど…。

特に会社の同期への連絡機会となったのが副産物だ。
posted by 火雪 at 21:49| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

804.半径1000m 以内のこと。

村上氏逮捕、あっさり、か

東証で行われた会見で、どうやら全面的に事実を認めたそうだ。
週刊誌とかワイドショーなんてどうせ面白おかしくだ。

法律に引っ掛かったとかルール違反だって部分は悪いということで疑いないんだ。
そこで村上氏の略歴だけならまだしも、絶対子供の頃の写真を公にするだとかわざわざ知人へのインタビューを敢行したりだとか…。
その要素を持ち出してまで犯罪者色を強める必要はないでしょう。
視聴者による視聴率や購読数がこの方が高まるのもアレだが。

証券業界でも彼に対する評価は二分されてる。
今日だって支店営業員の方からの問い合わせは膨大で、その何倍ものお客さまが巻き込まれてる。
でも。
昔に村上プレミアムに便乗してそれをこうなるまで売り切れなかったことにも問題が潜む。
もし(秘密裏に買い増しを進めた時のように)売却報道が出て、プレミアムが剥げたらとか…。
相場は勝負、負ける確率ありき。他人が買った銘柄に盲目的に付いていって、あとから文句言うのはどうか。
手数料がどうだって問題があるけど。

台風がひとまず去って、更地に何が作られるか。
我々が教訓を活かせる人種であるかどうかの試金石の大きさ、しっかりつかんでいきたい次第である。
posted by 火雪 at 18:42| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

803.大分白紙、結構追加。

将軍がいなくなることに伴って

セミナー講師として支店出張する話は当分なし。
担当レポート量がかさ増し。
来週1週間は全店向け朝放送担当。これは変わらないようだ。

一番負担になるのは会議だ。
自分は全くと言っていいほど、上役同席の会議に対する免疫がない。
だからあれだけ疲れる。


今日も部署の電話が村上ショックを起こしている。
状況の推移を見てからの判断となる。
posted by 火雪 at 12:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

802.やってきた月の頭。

1st,JUN,2006

現場の営業員の方が殺される日。
明日の金曜日と合わせて一ヵ月の10%分をやれ、なんて言われていることだろう。
当然、手数料が高い外国株式の問い合わせも増える。
同期からの問い合わせが増えてきたので、こちらも歯ァくいしばる2日間になりそう。

今日は早く抜け出して、大学研究室の教授に挨拶するチャンスなのだが…。
posted by 火雪 at 06:09| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

801.←ヤオ(イ下略)。

公認会計士の試験日であったようだ

私服用のネクタイなんてあったら欲しいと思っている。
しかしまたいざそういう店に行くと、恥ずかしさが先に立つ。
店員は客から呼ばれない限り、我々を放置すべきだ。
夏なんて特に着飾るには一度に着られる枚数が少なくて困る。
今の手持ちはヨレヨレだから、買い足し必須なのは分かり切っているのに…。

一歩先に進むことはなかなか難しく、それでも強いフリ位は。
posted by 火雪 at 21:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

800.試験結果。

証券アナリスト一次

結局1勝2敗。
引っ越しと保険募集人資格との並行は正直厳しかった。
それだけに自信があった科目で合格したのは、自分としての最低限のシナリオ通りに進んだと言える。
お金に余裕はないけど、これからまた(該当講座があったら)休日は専門学校生になる。
今回は残り2科目だけで、しかもほぼ全ての範囲が予習できてるという考え方でいれば去年より遥かにハードルは低い。
posted by 火雪 at 21:34| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

799.全国出張の話。

諸般の事情で書けないことが増えてきた

支店営業員向けのセミナーの講師担当就任。
半分ヤケクソ。
社員と言っても新人と同期だけだがな…、難しい。
いよいよ『出張』か。詳細が決まったら。

兜町のビル街は今日も曇っている。
posted by 火雪 at 12:41| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

798.残業確定の話。

月報編集会議

部署で発行しているレポート集の抜本的な改訂をするための会議が17時過ぎからだと言う。
トーンを察する限り恐らく社長にお越し頂くことはなさそうだ。
大学の研究室の教授に、未だ挨拶できてない。
ゼミのOB会の案内を送付してもらう住所を実家に戻す目的もあって…。
大学行きは持ち越し。
posted by 火雪 at 12:06| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

797.昔の話。

ハマっ子だった頃

あまり褒められた小学生ではなかった。
学習塾でのストレスを学校で発散していた。
確か好きな人なんかも特にいなかったと思った。
千葉県のとある小学校から、引っ越し。
それが自分にとっては良くなかった。
仲良しな人との間でさえも距離を少し置くようになったのはそれから。
「どうせ君とも後何年かしたらお別れなんでしょう?」

悲しいことに、それは現実に。
今日やっと別れの10年を取り返す足掛かりができた。
posted by 火雪 at 21:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

796.ガラスの靴の綱渡り。

1日=22時間症候群

先週平日の就寝時刻が21:30で。
昨日、本眠できる睡魔を我慢したのが19:30で。
今日、17:30あたりから…今もとてもつらい眠気がする。
ありえないが、体内時計が22時間刻みだったりすると。
自分の寿命が1割弱縮まる。ありえないが。


会社の1・2年生向けの米国株式セミナーの講師を担当する話が、近い内に現実になるのだとか。
同期相手というのがやりづらい。
これで東京近郊の店が終わったら全国出張確定的。
…2年生にそこまで、そしてまだこの先これ以上のモノを要求するか。

自分との競争。
勝つ覚悟をしたつもりの甘さを実感させられるこの頃。
今の道は。
寿命を1割すり減らしてでも歩く価値があるので。
posted by 火雪 at 18:50| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

795.温故知新。

全く意味は異なるけども

古くからの知り合いに会ってきた。
女性じゃないのが残念だった。
後ろ姿に傷が一つついたように見えて…。
人生に『遠回り』なんか無い、前向きにどうぞ。


懈逅。
同じ匂いを発するものだと思った。
人脈は財産と知るべき。
その先の大きな広がりに期待したい。
posted by 火雪 at 00:18| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

794.←平安京。

鳴いたのはコオロギ辺りでも良かったのではないか

今は一段落している資格勉強。
しかし、勉強シーズンに入ってから生活パターンを調整するのでは無駄が多い。
多くの啓発書にある通り、起き抜けに勉強をするスケジュールを組んでみる。
今はデフォルトで5時起きの生活だから、これを3時半に早めることになった。よって適正な就寝時刻は21:30ということになる。
自分の体内時計をニュージーランドやアラスカ周辺に合わせるわけで。
まぁ、なんとかなる。
とりあえず今晩(少し寝るのが遅れているが)からやってみることにする。
posted by 火雪 at 21:44| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

793.自分がおかしかった。

帰宅の小田急線・多摩急行車内

さっきまでだらしない顔して寝ていた自分。
停車した弾みで目を覚ますと、目の前にはどう考えても妊婦と判る女性のお腹。そしてワンピース。
寝呆けていたこともあって、即座に席を譲っていた。
その女性の顔すら確認する前にアクションした位だったから、周囲からは降車駅到着に気がつかなかった人と思われたはずであって。
そのドジ野郎が切羽詰まった形相で女性に席を譲る不整合…。
その証拠に、その女性がびびってたから間違いない。
立ってから両隣の人を見てみたら同じように寝ていた。
少なくとも自分が目をつぶっていたのは狸寝入りじゃないということで。
結局次の停車駅で降りていったが、きちんと一言を頂けたので万事OK。
なんとなく書いておこうと思った。


■多摩急行
小田急線の運転形態の一つ。急行電車の別パターンで、地下鉄千代田線やJR常磐線各駅を起点とし、川崎市を経由して相模原方面に進むのが特徴で、町田方向には進まない。
ちなみにこの文章を書くのに夢中で、筆者が相模原方面に連れていかれたことはよい子のみんなには秘密である。
posted by 火雪 at 19:01| 大阪 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

792.新人配属の話。

♪さくらがさいたらいちねんせー♪

♪だれでもさいしょはいちねんせー
どきどきするけど、ど・ん・と・いっ・けー♪


一年前、営業現場に出た時は椅子に座っているだけで冷や汗が出たのをよく覚えている。
理由は簡単。
今の部署に移った時もやはり運動量0の汗ダルマだったから。
今では自分の手持ちのルーチンワークを午前中に済ませられる位になったが…。
正直、今から退社まで電話対応しかやることなくて暇かもしれないそういう時に限って1ヵ月に一度の、英文和訳A4用紙100枚分の仕事が来る。

しかしFRISKを12箱@160円でまとめ買いした自分に、敵等いない。
posted by 火雪 at 11:58| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

791.日曜おしまい。

あっというまに

平日5日が過ぎるのは早いと思っていた。
しかし、休日2日が過ぎるのはそれ以上。
神奈川に戻って1ヵ月経ったし、そろそろ大阪生活できちんとできていたことを復活させにかかりたい所。
そして、なんとかして3kg痩せておきたい。
休日のDDRは徐々に義務となるか。
posted by 火雪 at 21:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

790.JOYFUL SPIRAL。

町田でデート

いいね。
自分は幸せ者。
だからこそ、逆の立場の時は見返りとかなんて一切ナシでも色々計画したりするのだが。
今日お付き合い頂いた皆さん、本当にありがとうございました。
posted by 火雪 at 21:28| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

789.夢みたあとで。

気迷い中

――――なぜ驚いたのか。
なぜ予定を変えたのか。
なぜ一緒が良かったか。
なぜ来たのか。

そうなのかもしれない。
そうであって欲しい。

たった1年での東京行きのような人生の転換の勝負には打って出られても、こういうことにはここまで自分は弱いものか。
何事にも『こんな自分なんかで本当に良いのか』という不安が先に立つ。
『もっと良いのがどうせ他にも居るだろ』がそれに続き。
結局願い通りになったことは一度もない――――
posted by 火雪 at 09:36| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。